スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

フィラリアのお話(part4)

►2009/06/05 07:20 


お待たせしました、フィラリアシリーズ第4弾です☆


前回はフィラリア予防の事前検査についてお話しましたが、今回はフィラリアに感染したら実際どうなるのかについてお話していきますね(・∀・)


◆フィラリア症の症状
シリーズ一回目でお話した通り、フィラリアは最終的には心臓に寄生する虫です。そこでどんな悪さをするのか、主な症状をお話しましょう☆

その前にまず知って欲しいのが、心臓のしくみ。理科の生物が得意な人はわかるかもしれませんが、ここで簡単に説明しておきましょう。


わんちゃんや人間など哺乳類の心臓は、4つの部屋から成り立っています。
images1.jpg

自分の右手側にあるのが上から右心房・右心室で、まとめて右心系と呼ばれ、左手側が左心房・左心室でまとめて左心系と言います(画像は相手と向かい合った心臓の様子ですから、左右が逆になってます)。
それぞれの房室の間は弁で仕切られており、鼓動のたびにパカパカと開いたり閉じたりするんですが、右心系の弁を三尖弁(さんせんべん)、左心系の弁を僧坊弁(そうぼうべん)と言います。

そしてその心臓は全身に血液を送り出すポンプ役なのですが、それぞれの部屋を順番通りに血液が流れていくわけです。
まず全身から帰ってきた血液が、右心房から入って右心室へ。
そして右心室からいったん心臓の外へと出て肺に送り出され、そこで運んできた二酸化炭素を酸素と交換してもらい、今度は左心房に戻って左心室へ行きます。そして左心室からまた全身に血液は送り出されるわけです。






シリーズ第一弾でフィラリアのライフサイクルについてお話ししましたが、蚊によって感染し、皮下で成長したフィラリアは血流に乗って心臓に到達します。心臓内の血液の流れは上でお話した通りですから、フィラリアもまず右心坊や右心室に入るわけです。

その後肺へ向かう肺動脈と呼ばれる血管はどんどん細くなっているので、成長したフィラリアはそれより先には進めません。つまり、右心系にとどまるんです。
images.jpg


右心系にフィラリアがいることで、心臓はなかなか上手に肺へ血液を送り出せなくなります。
そこで心臓は普段以上に一生懸命働いて血液を送り出そうとするので、(右心系の)心臓の部屋や壁が大きくなったり分厚くなったりするわけです。これが、心肥大。その他にも、フィラリアは分泌物や排泄物を出すので、 寄生の数年後には肝臓はうっ血のために肝硬変となり、 腎臓は、免疫複合体性腎不全になっていきます。
これは慢性的な症状で、ゆっくり、じわじわと悪影響を及ぼすパターンです。


さらに右心系にフィラリアが居ることでさらに問題なのが、三尖弁。
弁は鼓動の際に血液が逆流するのを防ぐ役目を持っているので、ここに右心房から右心室へと移動しようとしたフィラリアがっひっかかってうまく閉じなくなると、血液が逆流して急性症状を起こし、放っておけば、死に至ります…。




ここまではフィラリアに感染したときに身体の中で起きることをご説明しましたが、次は外からの見た目ではどのような変化や症状が起こるのか、お話しますね。

まず慢性症状ですが、一般に寄生したフィラリアの数が少なければ、あまり見た目に症状がでることはありません。しかし、多数になると、まず肺のうっ血のために乾いた咳が出るようになります。食欲があるのに体重が減少し、毛づやがなくなります
さらに症状が進むと、走るなど少し激しい運動をすると息切れをして呼吸が荒くなり、運動を嫌がるように。そのまま放置するとやがてお腹にに腹水がたまり、異常にふくらんできます。


急性症状では、突然の呼吸困難虚脱(意識がなくなり、見るからに危ないのがわかります。このとき、舌など目に見える粘膜の色は紫になります)などの循環不全に陥ります。また、心臓のフィラリアによって狭くなった血管内を無理やり血液が通るので赤血球が壊れて中の色素が流れ出し、赤ワインのような尿をします。
ここまで来ると、放っておけば当然助かりません。。







…怖いですよね、フィラリア(;xдx)
今日はここまで。たぶん次回でシリーズ最終回になると思います★お楽しみに♪



…私はこれからお仕事行ってきまぁす(・・;)


↓ランキングに参加しています。応援クリック、お願いします(*>ω<*)
人気ブログランキングへ

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

飼い主さんたちへComment(4)Trackback(0) | Top ▲

フィラリアのお話(part3)

►2009/05/30 00:23 

前回からまた随分と間が空いてしまいましたが><

お待たせしました(?)フィラリアシリーズ第三弾です★

第一弾,第二弾では、「フィラリアとは」「フィラリアのライフサイクル」「予防」に関してお話してきましたね。

今回は、投薬前の検査について、書いていきたいと思います♪是非最後までお付き合い下さい><





◆投薬前の検査

前回のフィラリアに関する記事(こちら)では、予防に関してのお話を書きました。このフィラリア予防薬は動物病院で処方してもらうことができますが、しかし、ただ病院に行っただけで簡単にお薬がもらえるわけではありません。


今の時期、私の勤める病院も含め全国の動物病院が大忙しなのは、毎年フィラリア予防薬の投薬シーズンが始まる前に、血液検査を行う必要があるからです。

それが何の検査かと言えば、フィラリアが心臓に寄生していないかどうかのチェックを最大の目的とした検査です。

私の病院では前年にきちんと予防を行っていても、できるだけこの検査を行って頂くようにしています。それは、もしフィラリアが心臓に居た場合に予防薬を飲ませると、ひどければ致死的な副作用が起こる可能性があるからです。(病院によっては、前年の予防をしっかり行っていれば検査を行わないところもあるようです)。


でも飼い主さんによっては、前年にしっかり予防薬の投与を行っているので検査なしでお薬だけ下さい、という方ももちろん居ます。
ですがきちんと投薬したつもりでいても、絶対投薬漏れがないとは言い切れません。(毎月予防できていれば、感染してしまうなんてことはめったにあることではないですが)例えば飼い主さんが見ていないところでこっそり薬を吐き出してしまっていたり、体調不良でお薬がきちんと消化吸収できていなかったり。また、予防薬は体重ごとに処方量が変わりますので、予防薬が病院から処方された後に大幅に太ってしまった子は、お薬の投薬量をもっと多いものにするべきなのに足りなくて、きちんと予防しきれていないこともまれにあります。

また、うちの病院でもそうなのですが、フィラリアの検査のために採血した血液で、同時に簡単な健康診断を行う病院もあります。わんちゃんにとっての一年間は、人間では4年に相当すると言われていますから、4年に一度の簡単な健康診断なら受けて損はないですよね☆



ですが、この検査、子犬ちゃんだけは受ける必要がありません。

もちろん子犬であっても条件さえ揃えばフィラリアには感染します。なのになぜ検査が必要ないのか…それにはまずフィラリアのお話(part1)でお話した、フィラリアのライフサイクルをおさらいしてみましょう。

フィラリアは蚊から犬へとうつると、2~3ヶ月は皮下~脂肪組織に居ます。その後血管内に侵入し、3~4ヶ月ほどかかって心臓に到達すると言われています。そしてそこで子虫(ミクロフィラリア)を生むようになるまでさらに1~2ヶ月ほど。
結局、蚊に刺されることによってフィラリアが体内に侵入してから、それが成長してミクロフィラリアを生み出すようになるまでトータル7~8ヶ月。この頃にならないと、検査しても感染しているかどうかがわからないので、大体生後7ヶ月齢くらい(←これは病院によって多少異なります)までは検査する必要がないんです。


もっとわかりやすく、例を挙げてご説明しますね。
例えば、去年の12月末に生まれた子犬ちゃんの場合、今現在(五月末)はちょうど5ヶ月齢。冬の気温の低い12~4月までは蚊の活動時期ではないと考えられますので、万が一4月に今年初の蚊に刺されてフィラリアが体内に侵入してきていても、2ヶ月ほどしか経っていないのでまだ子虫は皮下~脂肪組織に居ますよね。ですから今は検査なしでもお薬を飲めば大丈夫なんです☆

今年4月初めに生まれた子犬ちゃんの場合、5月末には約2ヶ月齢ですよね。この場合、使用する予防薬によって処方可能な最少齢が異なりますし、病院にもよると思いますが、獣医師との相談を前提として、基本的には投薬可能になるはずです。もちろん検査は必要ありません(^^*)






では、今日はこのくらいにしておきましょう☆
今回は数字が出てきてなかなか分かりづらい内容になってしまってすいません><
またまた次回へつづきます~♪

(次はもう少し早いペースで記事アップできるように頑張りま-す)




↓ランキングに参加しています☆お手数ですが、応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

飼い主さんたちへComment(4)Trackback(0) | Top ▲

フィラリアのお話(part2)

►2009/05/22 23:04 


前回の続きが遅くなってしまってすいません><

またまた書いてる途中に記事が消えたり、(しかもまたUP直前)
精神的に色々と落ちることがあったりで、なかなか書けずにいました(言い訳…)



ですが前回(こちら)の続き、フィラリアについてまた書いていきたいと思います(・∀・)


タイムリーな話ですが、こないだまたフィラリアに感染したわんちゃんが、うちの病院で手術を受け、無事に退院して行きました。今回は緊急手術ではありませんでしたが、一命をとりとめたことには変わりありません。

ちなみに、フィラリアが心臓に寄生しているときに行われるこの手術は、首の太い静脈から心臓に向かってブラシ状(試験管ブラシみたいなものです)の器具を入れ、心臓内のフィラリア成虫をからめて引きずり出すというもの。

つ・ま・り。
『生きた』フィラリアが、首にあけた穴から引きずり出されてきますwwwww苦手な人にはリアルにホラーです(笑)


ちなみに、前回の緊急手術では小型犬の心臓から60匹弱、今回は中~大型犬の心臓から50匹弱のフィラリアが取り出されましたよ…((+_+))





…さて。では気を取り直して前回の続きをいきましょう。今回は予防に関してです☆



◆予防?
フィラリアは、予防が第一。私たち獣医療従事者としては、犬を飼っている人には『必ず』、予防のための投薬を行って頂きたいと思います。


わんちゃんを飼っていて、実際にフィラリア予防を行っていらっしゃる方はおわかりになると思いますが、大抵のフィラリア予防薬は『毎月一回、決まった日に飲ませる(または滴下する)』ようになっていますよね。

でも。そこで勘違いしやすいんですが、
予防薬を飲ませたその日から一ヶ月間、お薬の効果があるわけではありません


実は、そのお薬は投薬したその時にしか効いてないんです。


じゃあ、何で月に一回で平気なのかって不思議になりますよね?では、そのメカニズムについてご説明しましょう☆



前回の記事でご説明したように、フィラリアは蚊によって媒介されます。
だからそもそも、フィラリアに感染しないようにするには、蚊に刺されないのが一番なんです。

でも、それってかなりの難題(笑)
ちなみにですが、犬や猫などは蚊に刺されても人間のように痒がることがないんだとか。だから、「うちの子が蚊に刺されてるのなんて見たことないわ~」なんていうのは大きな勘違いですのでご注意を。

話は戻りまして。

また前回の記事を思い出して頂きたいんですが、蚊によって媒介されたフィラリアの子虫は、宿主(犬etc.)の皮膚に潜り込み、2~3ヶ月は皮下~脂肪組織の中で過ごします。

で、予防薬は子虫が皮下~脂肪組織に居るこの期間にしか効かないんです



わかりやすく説明し直しますと、

一ヶ月の間はもし蚊に刺されてフィラリアの子虫が皮下に入り込んできても、放っておきます。つまり一ヶ月間は皮下に子虫を貯めておくわけです。
そして、毎月一回の投薬の日に、皮下~脂肪組織に居るフィラリアの子虫をまとめてやっつけるんです


つまり。
実はフィラリアのお薬って、予防薬じゃなくって駆虫薬なんですよ。

毎月きちんと投薬してても、フィラリアは体の中に入ってきているんです。それを、血管内に侵入される前に阻止するのがフィラリアのお薬。





したがって、一般にフィラリアのお薬は蚊の出始めた1ヶ月後から、蚊の見られなくなった1ヶ月後まで投薬する、というのが基本。最後に蚊に刺されたときにフィラリアの子虫が皮下に侵入していたらそれをやっつけなくちゃいけないですから、お薬は蚊の活動時期が終わった後まで飲ませなくてはいけません。

そして蚊の活動時期は地方やその年の気温によって差がありますから、温かい地方や年ほど投薬すべき期間は長くなるんですね。



と、ここでするどい方は『フィラリアの子虫が皮下~脂肪組織に居るのは2~3ヶ月なんだから、予防薬も2ヶ月に一回でいいんじゃない?』と思うかもしれません。確かにそうなんです。

でも…2ヶ月に一回の投薬って、すごく忘れやすくないですか??
それに、もしかしたらわんちゃんが薬を飲んだふりをして、飼い主さんの見ていないところで吐き出してるかも知れません(こういう子、実際に居ます)。

きちんと毎月投薬していれば、もし1回くらい投薬を失敗していたり忘れてしまっていたとしても、次回の投薬までに2ヶ月しか間が空きませんから、まだ子虫は血管内に侵入せず皮下に居るはずなのでお薬は効きますよね。
でも2ヶ月に一回の投薬では、一度でも投薬漏れがあると次回の投薬まで4ヶ月間空くことになりますから、フィラリアに感染してしまう可能性が非常に高くなります。これってせっかく予防しているのにもったいないことですよね。

このような理由から、フィラリアのお薬は毎月一回なんです☆





ここまで長くなってしまいましたが、できるだけ解りやすく書きました(>_<)今日はこのくらいにしておきますね♪


最後まで読んで頂いてありがとうございます(^-^*)まだまだ続きますので、次回もぜひ読んで下さい(*>ω<*)

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

飼い主さんたちへComment(0)Trackback(0) | Top ▲

フィラリアのお話(part1)

►2009/05/18 19:15 

前回書きたかったこと。それは今ちょうどシーズンである、フィラリアについてです。





以前の日記にも書きましたが、今の時期動物病院は狂犬病の予防接種にフィラリアの検査、それに加えて混合ワクチンで大忙し。

私は動物看護師として一匹でも多くのわんちゃんがフィラリアから守られるべきだと思うので、特にわんちゃんを飼っていらっしゃる飼い主さんには、必ずフィラリアについて知って頂きたいと思っています。実際、私の病院でもついこないだ、フィラリア症で緊急手術をし、一命をとりとめた子がいました(この手術は大きな病院でないとなかなかできるものではないようです)。

もちろん、多くのわんこオーナーさんたちはフィラリアについて知っていらっしゃると思いますし、逆ににゃんこやエキゾオーナーさん、そしてこれから動物を飼いたいと思っている方たちはフィラリアについてあまり知らない方も多いと思いますので、是非読んでいって下さいね☆

全部は長くなってしまいますから(前回のように保存直前で消えると悲しすぎるしw)、シリーズとして数回に分けて書いて行こうと思っています♪


順番に、できるだけ解りやすく説明しますね(・∀・)今日は、『フィラリアとは』、そして『フィラリアのライフサイクル』に関して書いていきます☆





◆フィラリアとは
フィラリアとはによって媒介され、主に(フェレットや、ごくまれに猫や人などにも寄生することがあります)の心臓に寄生する、そうめん状の虫です。長いものでは30㎝ほどもあるとか。

フィラリア
(苦手な方いたらごめんなさい。。)


フィラリアが心臓に寄生することにより、主に循環器に様々な症状が見られ、重篤な場合死に至ります。

蚊のいる環境で、フィラリアの予防をせずにひと夏を越すと約四割、二夏で8~9割がフィラリアに感染してしまうという統計があります。長年予防を行っていない子は、心臓内のフィラリアの感染数も年々増え、症状も重篤化していきます。



◆フィラリアのライフサイクル
ここからは、フィラリアがどのようにして犬などの心臓に寄生するのかご説明しますね(。・ω・)ノ

①フィラリアの子虫(L3)を体内に持った蚊に刺されると、蚊の体内から皮膚の上に出た子虫が、蚊の刺した傷口などから皮下に潜り込みます。

②子虫は、皮下~脂肪組織の中で約2~3か月ほど過ごし、脱皮して成長していきます。

③ある程度大きくなると、血管内に入り込んで血流に乗り、血管内を移動。最終的には心臓に到達し、成虫へと成長。心臓など循環器に大きな負担を与え、感染数によっては様々な症状が出始めます。雌雄と環境が揃えば子虫(ミクロフィラリア)を生み、ミクロフィラリアは血流に乗って全身を巡ります。

④全身を巡っているミクロフィラリアは、自分の宿主が蚊に刺されたときに、血液とともに蚊の体内へ。そこで数回の脱皮をして、他の犬に感染可能な大きさの子虫(L3)にまで成長します。


①~④の繰り返し。

ライフサイクル

ただしフィラリアの子虫は、一度蚊の体内に入らなければ成虫まで成長することができません。


フィラリアの成虫は心臓で5年前後生き続けますし、ミクロフィラリアも1~2年の寿命が尽きるまで、宿主の全身を血流に乗って巡りながら、蚊に吸われるのを待ち続けるのです…。








今日はここまで。次回は症状と予防に関して書きたいと思っています★

また次回も読んで頂けたら嬉しいです(。・ω・)ノ゙


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

飼い主さんたちへComment(4)Trackback(0) | Top ▲

決して逃げというわけではなく…。

►2009/03/14 21:40 


今だからこそ書いておきたいと思う話題…





『安楽死』






これ以下は私なりの考えで、他の人に押し付けられる考えではないです。






皆さんは、安楽死には賛成ですか?反対ですか…?




もちろんその行為は


生命に手を加える行為。




その生命が自然の流れに乗り消えゆく前に


人工的な終わりを与える行為。




自然の摂理に反する行為…。








でも、

私は決して反対じゃない。

ただしそれは使い方次第。

そしてそれを選択した人の心に、一生残る傷がある。それを理解した上でのこと…。







私はこれから、飼い主という立場と、動物看護師という立場それぞれから、この課題に立ち向かって行かなくてはいけない。きっと一生…。







飼い主が苦しくて選ぶ安楽死と


苦しみと闘い疲れた可愛い子たちのために選ぶ安楽死。
『ために』なんて言葉を本当に使っていいのかはわからないけど…。






できるなら、前者はできるだけ行われない方が良いでしょう…私は反対したい。






でももし、後者だったら…否定はできない。。


事実、私もいつか選ぶ選択肢の中から、安楽死を外すつもりはありません。。




ただし、それの見極めが一番の焦点とされる部分で。





その子が、迫り来る病気の恐怖に怯え、怖くて苦しくてどうしようもないとき。それがもし飼い主の存在を忘れてしまうほどのものだったら…


私は安楽死を選ぶと思います。





迫り来る得体の知れない闇が、怖くても苦しくても

意識がもうろうとする中で、少しでも自分に甘えてくれるのなら、最後まで頑張らせてあげたい。

でも、甘えることを忘れ、生きる意味を見失っているのだとしたら、、一足早く虹の橋へ行かせてあげるのも、優しさなのかな…と思います。









最後に、動物看護師の立場から一つ付け加えるとしたら、


もし闘い疲れた我が子のために安楽死を選ぶ飼い主さんが居たら、

それを少しでも罪と感じさせないようにしてあげるのも、獣医療従事者の責務だと思います…。









もしよかったら、皆さんの意見も聞かせて頂きたいです。





飼い主さんたちへComment(0)Trackback(0) | Top ▲

アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。