スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

狂犬病のお話(part3)

►2009/08/05 03:15 

お待たせしております、狂犬病シリーズ第3弾です☆

宣言しておりました通り、今回の記事はほんと怖いですからね、覚悟して下さいよ~><


前回までの狂犬病シリーズ記事はこちらからご覧下さいね^^
part1
part2




今回は、狂犬病を発症すると実際どうなってしまうのかについて書いていきます。

後半かなり重い内容になりそうな予感…。。




◆狂犬病の発症後は…◆

前回もお話していると思いますが、、狂犬病は一度発症してしまうとほぼ確実に、死亡します。しかも、とても苦しんで…。


潜伏期を超えた狂犬病の症状は、一般的に前駆期→急性期→麻痺期→死亡という流れをたどります。(しかしこれは資料によって様々な表現をされており、また近年の日本における狂犬病の例が極端に少ないため、情報はまちまちです。ここに書く情報は主に私が専門学校時代に習ったことをベースに、インターネット等で得た情報をもとにまとめていきたいと思います)

ではまず最初に、犬の場合の主な症状を文章でご説明していきますね。

前駆期
驚きやすく、暗所へ隠れたがるようになる。食欲不振、視線異常(光や動くものに異常な反応を示すなど)、不活発や歩行異常など。

急性期
前駆期症状の顕在化が主であるが、凶暴化の進行(目の前のものになんでも咬みつくなど)、吠え声の異常、嚥下困難(飲み込むことが上手く出来なくなる)など。興奮状態や流涎(よだれをだらだら流す)。

麻痺期
全身の麻痺の進行(最終的には歩行不能に)、最終的には昏睡、そして呼吸麻痺によって死亡します…。


(場合によっては急性期の興奮症状がほとんど現れずに麻痺期に移行するパターンもあるようです。)







そして人間の場合だと。

基本的な発症メカニズムや症状は犬も人も変わりませんが、人の場合は咬み付いたりといったことはないと思われます。

また、犬も同様ですが、喉の渇きを訴えるものの嚥下困難であるため、水さえも上手く飲み込めなくなります。そのため水を飲まないどころか恐れるようになり、患者は水を見ただけで発狂します(この症状から、狂犬病は別名恐水症とも呼ばれます)。
そして皮膚で風を感じるとその刺激によって全身の筋肉の収縮が起こるため微風さえも恐れるようになってしまいます…。

それ以外に人で現れる症状としては、言語障害や幻覚などなど。。。



それもこれも、全ては狂犬病ウイルスによって神経が侵されるため。これらの症状は、全身の麻痺と極度の神経過敏から起こってくるのです。


それ以外にも様々な症状が報告されているようですので、こちらにリンクを貼っておきます。
犬や人以外の症状も載っていますので、興味があれば見てみて下さい。リンク2には国立感染症研究所のHPから、2006年に国内で発生した方の記録がありましたので、貼っておきます。。


リンク1
リンク2







ここからはさらにリアルな狂犬病の症状を知って戴くため、YouTubeで見つけた狂犬病発症患者の方の様子を貼っておきます。(閲覧はパソコンのみ)


映っていらっしゃる方には申し訳ないのですが…本当に、怖いですよ。。

動画1
(狂犬病を発症してしまった、まだ幼い男の子…)

動画2
(これは最後まで見るとわかると思いますが、狂犬病患者への対応訓練の様子のようです。患者の様子は実は演技ですが、実際はこんな感じになるはず…)

動画3 動画4 動画5 動画6 動画7
(動画3~7は、狂犬病発症患者で奇跡的に助かった女の子のお話のようです。英語なので解りづらく、しかも長いですが、動画中に狂犬病を発症した犬や患者さんの様子が多く出てきます…。)




日本では考えられないことかもしれませんが、今現在も狂犬病の流行地域では狂犬病患者用の病棟によって患者は隔離され、こうした恐ろしい感染症との戦いの現状があるのです。

狂犬病の怖さ、ますます解っていただけましたか…??


↓狂犬病の恐ろしさが伝わったと思う方は、是非応援クリックお願いします。今は平和な日本でも、1人でも多くの人に狂犬病の恐ろしさが伝わりますように・・・

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

飼い主さんたちへComment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。。。。

よぅこさ。。。。ん。。。。。。
こんな時間に読んでしまった俺は。。。。
こんな時間に見てしまった俺は。。。。。
ぶるぶるぶるぶるぶる。。。。。。。。
怖すぎる。。。。><
これってもし、テロとかでこのウイルスまかれたら
どうなっちゃうんだろうか。。。。
よぅこさん。。。。知らなかったよ~~~!
ホント怖い。。。。
でも、最後の奇跡的に助かった子の
動画見て、ホント助かってよかったなぁ~って♪
それがなかったら、眠れなくなるところだよ^^;(笑)
でも、これが現実!!!
戦争もそうだし、紛争もそうだし
もちろん病気もそうで。。。
日本にいると平和ボケしてしまうね><
自分だけは大丈夫って変な自信をもっている
ナンバー1の国民は日本人かなぁ~って
思った夜中の3時でした~^-^(笑)
寝なきゃっ♪(笑)


No:127 2009/08/06 02:59 | じゅん #-URL編集 ]

わわわーっ!こ、怖い(T_T)
狂犬病の予防接種が昔から義務づけられている
理由がわかります。

奇跡的に助かった女の子、これは
本当に奇跡的なことで、ほとんどの人が
亡くなってしまうんですよね。

ワンちゃん飼っている飼い主さんは
必ず、予防してあげてほしいです。
そして、今でもアジアでは患者数も多いようなので、
旅行に行って、可愛いからとワンちゃんを
安易に触って噛まれないように気をつけないといけませんね。


No:128 2009/08/09 01:45 | kobaboo♪ #-URL編集 ]

>じゅんさん

じゅんさん、お返事が遅くなってしまってすいません><

狂犬病…怖いでしょうi-198ほんと、恐ろしい伝染病なんです。映画の中の世界のような感じですよね。でも、これが現実。


日本は島国ですから、国民も多くのことに関して危機感が薄いように思います。
だからこそ、『知ること』って大切だなって、すごく思うんです。実際私自身も知らないことばかりで、もっと危機感を持つべきことはたくさんあると思います。。

日々勉強、ですね(;´`)9”


No:129 2009/08/11 22:46 | よぅこ #-URL編集 ]

>kobabooさん

kobabooさん、コメントのお返事が遅くなってしまってすいません(´・ω・`)

そうなんです、この少女の回復はほんと奇跡中の奇跡。一般的には狂犬病発症者の致死率は『100%』とされていますから…。


実際、最近では中国などでもかなり流行してしまっているようですね。しかもそのために罪のない犬たちが大量虐殺を受けていると…。
予防していれば大丈夫なはずの病気。人間は身勝手すぎますね。。

正しい知識があれば防げるものですから、もっと多くの人に知って頂きたいですよね。


No:130 2009/08/11 22:52 | よぅこ #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。