スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

現実と、現状と…。

►2009/03/12 01:55 

SA3D01801.jpg
SA3D01851.jpgSA3D01871.jpg




暗いお話です…。読みたくない方は、どうかこのままページを閉じて下さい...m(__)m


そして前回と少し内容がかぶりますがすいません><











どうしても、書き残したくて。


涙が

嗚咽が溢れるけど


どうしても残したくて。。










こないだの聖さんとマサノリさんのライブ後。

新宿からの夜行バスで7日の明け方に仙台に戻り、部屋に帰って私が目にしたものは、


5~6ヵ所にもわたるぽんずの嘔吐跡でした。。




そのうちのふたつは吐血…見るからに吐きすぎでした。。。



とりあえずかかりつけの病院が開く時間まで、自分自身の準備をしたりして。ぽんずはその横で、ごはんは食べないものの、水はいつものようにたくさん飲んでいました。

…でも、また吐いてしまって。

鮮血に染まった大量の水。。気持ち悪くてごはんも食べられないのに、一生懸命飲んだ水でさえももどしてしまう…すごくショックでした。



かかりつけのK動物病院まで、いつものようにタクシーで行く間、やっぱりぽんずは気持ち悪そうでした。。

病院で診てもらい、先生と色々と相談しました。
インフォームドコンセント…決定権は飼い主にあるけれど、私もどうしたらいいのかわからなくて。結局先生に導いてもらって出した答えは、一日一回だった輸液を、朝晩の二回に増やすことでした。


ぽんずは貧血もかなりひどく、本当は造血剤の投与も選択肢にありました。輸血という選択肢も。

でも、治療費が…私にとって簡単に選択できるものではありませんでした。。




その日は輸液や注射をしてもらい、三日間分の制吐剤も処方してもらいました。

そして先生とVTのCさんは、また何も言わずに治療費を大幅に割り引いて下さいました…。





その後、なんとかして食べるものを食べさせ、毎日朝晩輸液をし、頂いた薬も飲みきり…ぽんずはなんとかまだ自分の足で歩いています。



でも

痩せて筋肉も落ちてしまい、ちょっとの負荷でよろめき、転んでしまうほど足腰が弱くなりました。



そして、輸液の回数が増えたために尿量も大幅に増え、でも具合が悪くてすぐ動けないらしく…ここのところ毎晩のように私の布団の中でおしっこをしてしまうようになりました。。
昨日は、うちに泊まりに来ていた友達の寝ていた私のベッドや、私の寝ていた大きなビーズクッション、そして玄関に置いてあった私のブーツにも…。

現在、夜でも一時間に一回はトイレに行かないといけないくらい、尿量が多いのです。でも、結局間に合わなかったり動けなかったりして布団やクッションでおしっこ(おねしょ?)をしてしまう…。

ぽんずも、ミスした後にヘコむのです…わざとミスってるわけではないので。。もちろん私も怒れませんし、逆にトイレが近いことでなかなか眠れないぽんずがかわいそうでなりません…。
できることなら、介護用の吸水機能のあるシーツを早く買ってやりたいのですが…決して安いものではありません。。




そして今は疲れたのか私の膝の上で落ち着いてうずくまっていますが、さっきまでまるで病気の恐怖から逃げようとするかのように、私に何か訴えるかのように、大声で鳴き、うろうろと歩き回っていました。そしてやたらとお風呂場に行きたがります…前は大嫌いだったお風呂場に。







最近、

ぽんずが私に何かを伝えようと、具合悪そうに鳴くのを見ると、すごく泣けてきてしまいます。


前はよく大きいと笑われた顔も、頬がこけて小さくなり、目はくぼみ、硬い表情になりました。。


そして何より、皮ばかりになって骨が浮き、軽く小さくなってしまった体…











あと10日後には引っ越し…それまでに少しでも体力付けてもらわなくちゃいけないのに…


ずっと傍に居てやりたいけれど、、なかなかそうもいかない。。。









ただただ泣けてくるんです…


私なんかよりぽんずの方が、何倍も、何十倍も苦しいはずなのに。。




関連記事
スポンサーサイト

ぽんずComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。