スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

Pray for...

►2011/03/27 02:03 

さっき三時間以上かかって(色々他のこともやりながらだけど)書いた記事が一瞬にして消えました\(^0^)/






…んー、軽くショック←



いや、けっこうショック?笑











…でもめげずに更新します!!笑


ただしちょっと短縮Ver.で。











****



まだまだ余震の続く毎日…





最近、TVのニュースや新聞を長時間見ているとどうも切なくなってきてしまうので、あまりTVを見なくなりました。。




だって、今必要とされるのは、誰かのせいにすることじゃない。責任の所在を求めることじゃない。

日本人みんなが同じ目線、同じベクトルでこの困難に立ち向かい、受け入れていくことが必要だと思うんです。













そしてTVを見なくなった分、PCと向き合う時間が長くなり。まぁ結局はインターネットのニュースを目にする機会は増えるわけですが…








でも、海外メディアの報道を見ると、大まかにしか文章内容を把握できないせいなのか、不思議と落ち着いて受け止めたり、前向きになれることが多いです。



日本のメディアは自国のことである故に、政府に対して批判的だったり、震災に関して悲観的になりがち。


だけど、海外メディアの報道は今回の震災で日本へのあたたかい眼差しや励ましの声、そして日本人の国民性や仕事ぶりを高く評価してるものが本当に多いですよね。

『ここまで大きな災害の中で暴動もなく、落ち着き、支え合い、対処しているのは驚くべきことだ。これほどの被害でおさまっているのは、日本の技術力や国民性によるものである。』と。









実際私も仙台で被災したとき、友人と共に行動していたのですが、その友人からの思いやりはもちろんのこと、見ず知らずの人のあたたかさには何度も救われました。





アーケード街での温かい飲み物のサービスや情報提供、、


信号が消えた道路での穏やかな車の譲り合い、、


震災翌日から被災者のために店にあるものだけで営業を再開し、停電の中でも1人1人のお客さんに対して丁寧に、しかも休みもなく応対して下さったコンビニのスタッフさんたち、、


そしてそのコンビニの長蛇の列で、誰一人文句も言わず長時間並ぶお客さんたち…。




また、自主判断よって靴下やおにぎりなどを無料配布しているお店もたくさんありました。







震災の翌日以降、電気が復旧した街中では、携帯の充電のためにあちこちでコンセントが開放されており、私と友人も、細い路地にあった小さなカフェバーにて携帯を充電させて頂きました。

そしてそのお店の店主さんたち(おそらくご夫婦だと思うのですが…)は、携帯の充電をさせて下さるだけでなく、店を訪れる人たち全員に対して、無料で温かい食事(すごく美味しかった!!)や飲み物、ビールやワインまで『出せるものは全部出しますよ』と、ニコニコしながら無料で提供して下さったのです。


店内には私たちよりも先にすでに何人もの人…おばちゃんたちやサラリーマン、若い男の子たちなど、色々な人たちが座っていて、携帯の充電アダプターをみんなで貸し合い、お菓子や飲み物を分け合い、声を掛け合ってはみんなお互いに励ましあっていました。


後から、小学生の男の子とお母さんが入ってきたのですが、注文をしたわけでもないのに店主さんがそっとオレンジジュースと温かいコーヒーを持って来た瞬間、お母さんは緊張の糸が切れてしまったのか、泣いてしまっていました。

そんなお母さんを励まし、労いながら、私たちも泣いていました。。



小さなお店だったので、全員がお互いの顔を見て会話し、気遣い、誰かが立ち去るときはお互いに『気を付けて^^これから頑張りましょうね』と声を掛け合い…すごく温かな空間でした。











日本人ってあまり自分たちに自信を持ってる人って少ないような気がするけれど。


日本人でよかった。今はそう強く思います。


誇れる日本であり、世界から愛される日本。







みんなが、日本のために。




だから大丈夫。


もっと強く、そしてもっと優しい日本になるよ。


きっと必ず。









関連記事
スポンサーサイト

東日本大震災&福島原発Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

足跡からたどって参りました(´∀`)

よぅこさんはじめまして。

被災地におられたのにも関わらずこんなに心が温かくなる日記をありがとうございます。

そして放射能のことも詳しくありがとうございます。
私も先日冷静な男性の友人からあるサイトを教えてもらったところなんです。
彼曰く、もう一度大きな爆発がない限り大丈夫な筈と。
確かに予断は許せない状況だと思います。
でも、放射能に対する専門的知識がないばかりに
私達はニュースを見れば見る程、風評被害の連続の毎日です。

今放射能がクローズアップされていますが
その前から私達は健康に害のあるものをたくさん口にしてきました。
農薬だって子供の頃から食べている量を考えると恐ろしい程の量が身体の中に蓄積されている筈です。
母の時代よりも私の世代はきっと長生きしないのだろうなと思っています。(悲観的ではなく当然のことと思っています)

海に放射性物質を流すというのは流石に驚きましたが
これもちゃんと自分で専門家のサイトを調べなければ
と思っています。

これからもどうか正確な情報で助けて下さいませ。
宜しくお願い致します。


No:202 2011/04/05 19:20 | grace #/JwOLyM6URL編集 ]

Re: 足跡からたどって参りました(´∀`)

>graceさま

はじめまして、コメントありがとうございます。昨日もこちらでは強い余震がありましたが、大丈夫だったでしょうか。

風評被害は立派な二次災害であり、人災。さらに、国内規模で見れば福島や茨城などの一部地域や各種産業に対してでも、世界規模で見れば日本という国に対する差別偏見は今すでに始まっていますよね。一人ひとりが正しい判断を下すために、多角的に物事を見つめる努力をしていかなければ、これからの復興はますます時間がかかるでしょうし、風評被害は半永久的に続いていってしまうと思います。他人事ではないということに、多くの人に気付いて頂きたいですよね。

ありがとうございます、私も自分にできることは本当にわずかなことですが、続けていきたいなと思っております。よろしくお願いします^^


No:203 2011/04/08 14:56 | よぅこ #-URL編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


No:204 2012/10/26 19:53 | #[ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


No:206 2012/11/25 10:57 | #[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。